• Instagram
  • Facebook

ポテンツァ(POTENZA)とは

診療時間月~金 10:00-19:00 / 土・日・祝 10:00-18:00
休診日第1・3日曜
  • Instagram
  • Facebook
ポテンツァ(POTENZA)

ポテンツァ(POTENZA)とは

ポテンツァ(POTENZA)とは

『ポテンツァ(POTENZA)』は、肝斑(かんぱん)をはじめ、小ジワや毛穴の開き、ニキビ跡など、さまざまな肌の悩みに対応する、最新の美肌治療器です。
マイクロニードルと呼ばれる微細な針を皮膚に指し、針先から高周波(RF:ラジオ波)を照射することで、加齢や紫外線の影響で衰えてしまった皮膚の再構築を促します。肌の内側から再生を図り、健やかな肌を取り戻します。
特に肝斑治療においては、従来の肝斑・シミ治療器とは異なり、メラニンに直接影響を与えないため、“レーザーによるシミの悪化”といったトラブルが起こるリスクが軽減され、安全・効果的に透明肌を目指せる画期的なマシンです。

ポテンツァ(POTENZA)の効果とメリット

ポテンツァ(POTENZA)の効果とメリット

『ポテンツァ(POTENZA)』の治療では、ヘッドの先に取り付けられたマイクロニードルを肌に挿入し、針先から高周波(RF:ラジオ波)を照射します。
若々しく健やかな肌を支える真皮層に、直接、熱エネルギーを与えることで、コラーゲンやエラスチンなどの美肌成分の生成を促します。これは、肌が本来もつ創傷治癒機能によるもので、高周波の熱によってダメージを受けた真皮層では、ダメージを修復しようとして、コラーゲンなどの増産が促され、皮膚構造の再構築が行われます。
肌の内部から若返りが叶うので、小ジワやニキビ跡、弾力不足による毛穴の開きなど、さまざまなお悩みの改善が期待できます。
しかも『ポテンツァ(POTENZA)』は、マイクロニードルの種類や高周波の照射設定のバリエーションが豊富なため、お悩みに合わせて細やかな治療が可能となっています。

肝斑・シミの改善

シミの主な原因は紫外線ですが、肝斑は、女性ホルモンやストレスなどの影響によって発症すると言われ、そのメカニズムは明確には分かっていません。
そのため、メラニンを破壊するようなレーザー治療を行うと、レーザーの刺激によって肝斑が悪化することもあり、治療が難しいとされています。これまでの肝斑治療では、弱い出力で少しずつメラニンを破壊する方法などを行っており、肝斑が薄くなるとしても、治療には長い時間が必要とされていました。

『ポテンツァ(POTENZA)』は、肝斑・シミの原因であるメラニンをターゲットにするのではなく、メラニンの“元”であるメラノサイトをターゲットにすることで、安全、効果的に肝斑を解消する新発想のマシンです。

肝斑・シミの原因であるメラニンは、真皮層の底(基底層)に存在するメラノサイト(色素細胞)が、紫外線などの刺激を受けることで生成されます。肌のターンオーバーが正常で、生成されるメラニンの量がわずかであれば、メラニンは定期的に肌の外へ排出されて、きれいな肌が保たれます。
ところが加齢などによってターンオーバーが乱れたり、女性ホルモンやストレスの影響でメラニンが大量に生成されたりすると、メラニンが蓄積されていき、肝斑・シミとなって肌表面に現れます。

『ポテンツァ(POTENZA)』は、マイクロニードル×高周波のコンビネーションによって、真皮層の奥へとピンポイントで熱エネルギーを届けることができます。『ポテンツァ(POTENZA)』のコラーゲン生成作用とターンオーバーの促進により、メラノサイトを押しのけるように排出を促します。
メラニンの元から原因を取り除くため、従来の治療のように肝斑・シミが悪化するといったトラブルを最小限にするだけでなく、より少ない治療回数による改善を可能としました。

小ジワ・毛穴の改善

肌の弾力を支える真皮層は、コラーゲンが網目状に存在しています。
加齢や紫外線などによってコラーゲンが減少すると、網目構造が崩れてしまうため、肌の弾力・ハリが失われ、シワ、たるみ、毛穴の開きなどのトラブルが起こります。
この崩れた網目構造を再構築するのが、『ポテンツァ(POTENZA)』による修復機能です。高周波の熱エネルギーによって、意図的に真皮層にダメージを与えることで、皮膚の修復機能を促し、肌の再生を図ります。内側から弾力・ハリを取り戻すことで、小ジワ、毛穴の開きが改善されます。

ニキビ跡の改善

基本的な改善効果は「小ジワ・毛穴の改善」と同じですが、当院のニキビ跡治療では、より高い効果を得るため、『エランセ』とのコンビネーション治療をおすすめしています。
『エランセ』は、「コラーゲンブースター」とも呼ばれる薬剤で、真皮層に注入することでコラーゲンの増産を促す作用があります。
『ポテンツァ(POTENZA)』のマイクルニードルによって開けた穴から、『エランセ』を塗布することで、真皮層に効率的に薬剤を浸透させることができます。
『ポテンツァ(POTENZA)』と『エランセ』、それぞれのコラーゲン増産による相乗効果で、単独治療以上の肌再生効果が得られ、より短期間でニキビ跡の改善が期待できます。

お電話での
お問い合わせはこちら

今泉スキンクリニック電話問い合わせ 今泉スキンクリニック電話問い合わせ 0120-006-762

受付時間
10:00~18:00

受付時間
10:00~18:00

ポテンツァ(POTENZA)の治療の流れ

お電話での
お問い合わせはこちら

今泉スキンクリニック電話問い合わせ 今泉スキンクリニック電話問い合わせ 0120-006-762

受付時間
10:00~18:00

受付時間
10:00~18:00

注意事項(リスク・副作用)

治療時間 30分~ ※別途麻酔時間がかかります。
治療頻度 お悩みによりますが複数回受けていただくことで、より治療効果が高まります。
痛み 治療プランによって異なります。ニキビ跡治療の場合、症状によってやや強い痛みを伴うことがあります。
メイク 治療プランによって異なります。ニキビ跡治療の場合は、数日から1週間程度メイクを控えていただくことがあります。
入浴 当日から可能
治療後の通院 必要ありません。

ポテンツァ(POTENZA)の料金表

記事監修

今泉明子医師

今泉スキンクリニック院長
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

今泉明子医師

経歴

1997年
聖マリアンナ医科大学卒業
2001年
日本赤十字医療センター皮膚科勤務
2004年
聖マリアンナ医科大学大学院卒業
ニューヨークワイル・コーネル医科大学皮膚科学教室勤務
2007年
東京ミッドタウン皮膚科形成外科クリニックNoage院長
2018年
六本木今泉スキンクリニック開院

医師コメント:

肝斑(かんぱん)やニキビ跡でお悩みの方は多いですが、これまでの治療法では、納得のいく改善までに時間がかかることが難点でした。『ポテンツァ(POTENZA)』は、皮膚の真皮層の底辺、基底層からの若返り効果を得られる画期的な治療法です。
特に肝斑においては、メラニンへの刺激を最小限にした治療が行えるので、肝斑・シミが悪化するリスクが少なく、安心して治療を受けられるのが魅力です。症状にもよりますが、従来の治療器よりも少ない回数で肝斑が薄くなるのを実感いただけると思います。

pagetop