ほくろ・イボ│今泉スキンクリニック 六本木 東京

診療時間 10:00〜19:00 / 休診日 日曜・水曜
0120-006-762
ほくろ・イボ

ほくろとは、良性腫瘍の一種です。メラニン色素を生成するメラノサイトが表皮に集中し、茶〜黒色斑となっています。隆起したもの、平らなもの、毛が生えているものなど、その状態は人それぞれ。顔や首にできるものから足の裏にできるものまで、種類や性質をきちんと見極めることができる、皮膚科専門医にご相談ください。
※全身ほくろチェックは保険対象外となりますことご了承くださいませ。

ほくろの種類

色素性母斑

メラニン色素を持つ母斑細胞が増殖したものです。大きさはさまざま、隆起したものや平らなものなど、形状もいろいろあります。黒や茶だけでなく肌色のものもあり、ときには悪化することもあるので、ご心配な方は、専門医の診断を受けていただきたいと思います。

単純黒子

約2㎜ほどの大きさで、メラニン色素の生成によって発生します。シミ特別がつきにくいものもあります。

イボの種類

尋常性疣贅(ゆうぜい)

ヒトパピローマウイルスの感染と増殖が原因で起こるもの。小さな傷からウイルスが入り込んで増殖することで大きくなります。指やひじ、足の裏など、傷などがつきやすいところにできることが多いようです。足裏などにできると歩行困難になることもあるので、早めの治療をお薦めいたします。

老人性疣贅(ゆうぜい)

脂漏性角化症(俗名:老人性いぼ)とも呼ばれており、加齢や紫外線が原因で発生。顔や頭、胸、下腿などにできることが多いようです。茶色か黒色がほとんどで、凸凹しているものが多いこと、ざらっとした手触りが特徴的です。

アクロコルドン・スキンタッグ

首や胸、ワキなどにできる、肌色や茶色の小さいイボのことです。やわらかいものが複数できます。主に中年以降の方に多い症状です。

ほくろ・イボの治療方法の紹介

CO2(炭酸ガス)レーザー

炭酸ガスレーザーは水分に吸収されるという特徴を持つため、色の薄いイボやほくろの除去治療に適しています。当院では最先端の炭酸ガスレーザー(Acu Pulse ® ルミナス 社製)を使用して傷を最小限に仕上げます。

手術

レーザーでは取りきれなかった大きなほくろ、イボには、外科手術で対応しております。 原則として保険適応となりますのでご相談ください。

pagetop