薄毛│今泉スキンクリニック 六本木 東京

診療時間 10:00〜19:00 / 休診日 日曜・水曜
0120-006-762
薄毛

薄毛の症状と原因

AGA(男性型脱毛症)

男性型脱毛症とは、成人男性特有の進行性の脱毛症で、生え際や頭頂部の毛髪が薄くなったりするのが特徴。遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因だと言われています。特に20代以降の男性に多く見られ、日本人男性の3人に1人がAGAという調査結果も。AGAは治療せずに放置すると進行していきますので、早めの治療が大切です。

※AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、男性ホルモン型脱毛症(男性型脱毛症)のことです。

AGAの原因にはストレスや運動不足など、さまざまなものが考えられますが、代表的なのは男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)。
DHTは、同じく男性ホルモンのテストステロンと、5αリダクターゼという酵素が結合して生成されます。
そして、生成されたDHTは、髪に脱毛指令を出し、成長サイクルを乱します。
成長サイクルの乱れた髪は、十分な成長ができずに抜けるようになってしまい、結果的に薄毛へとつながるのですね。

FAGA(女性男性型脱毛症)

最近注目されているFAGA(女性男性型脱毛症)は、AGAの女性版のようなイメージで、びまん性脱毛症とも呼ばれます。
「びまん」とは、広範囲に広がっていくという意味で、その名のとおり髪の毛全体が薄くなっていく脱毛症のこと。
分け目が目立つ、ボリュームが減る、髪の毛が細くなる、頭皮が透けて見えるといった症状は、典型的なFAGAの特徴です。
FAGAの主な原因としては、以下の項目が考えられます。

  • 過度のストレス
  • 極端なダイエット、食生活の乱れ
  • 産後の体調不良
  • 代謝異常
  • ホルモンの変化
  • 貧血
  • パーマ・カラーによるダメージ 等

FAGAの原因はさまざまなため、すべての原因を取り除くのは難しいものです。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症とは、出産後に髪の毛が抜けていく脱毛症のこと。出産後2ヶ月以降にはじまり、半年から1年ほど続きます。これは、妊娠出産によるホルモンバランスの乱れが原因なので、基本的には時間の経過とともに治っていきます。産後に抜け毛が多くなった場合は、この分娩後脱毛症が薄毛の原因かもしれません。
ただし、出産から一年以上経っても薄毛が改善されない場合は、他に原因があるかもしれません。産後の薄毛の原因は、大きく分けて2つあります。

  • 産後のホルモンバランスの変化
  • 産後の生活の変化

妊娠中は、出産準備のため、髪の成長に関係するエストロゲンの分泌が活発になります。それにより、妊娠中は抜け毛が減るのですね。しかし、出産を終えるとエストロゲンの分泌量がもとに戻り、急激に減ります。この際、妊娠中に抜けているはずだった髪の毛が一気に抜けるため、抜け毛の量が増えてしまいます。
通常より髪の毛が抜けにくい状態から、普通に抜ける状態への移行に伴う現象のため、半年ほどの期間で治まる症状です。また、産後は生活リズムが定まらず、睡眠不足、自分の食事がおろそかになるなど育児のストレスもたまってしまいます。これらの要因によって、頭皮の血行不良が起きたり、髪に必要な栄養が不足しがちになってしまいます。

円形脱毛症

「十円ハゲ」と呼ばれるように、髪の毛の一部がごっそり抜けて、円形にハゲができているのが円形脱毛症の特徴です。
一か所で起こる単発型、二か所以上で起こる多発型、全部の髪の毛が抜けてしまう全頭型の3つに分類されます。脱毛部分のサイズもさまざまで、十円玉サイズにとどまらず、頭部全体に広がることもあります。 突然ごっそりと髪の毛が抜けて、毛が生えていない部分ができてしまった場合は、この円形脱毛症の可能性が考えられます。『日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン 2010』によると、円形脱毛症の原因として最も有力なのは、自己免疫疾患とされています。
自己免疫疾患とは、身体を守る役割をもつ免疫が、自分の組織や細胞を異物として認識し、それらを攻撃することによって起こる病気のこと。円形脱毛症では、髪を生成する細胞が免疫によって攻撃され、髪の毛が抜けてしまいます。この自己免疫疾患を引き起こすキッカケは、疲労やストレス、遺伝と言われています。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とは、その名の通り髪の毛を引っ張ることで引き起こされる脱毛症のことです。髪を結ぶ女性に多く見られる症状で引っ張られている部分が抜けるため、生え際や側頭部が薄毛になりやすいというのが特徴。 毎日同じ髪型を続けている方で、薄毛が目立ってきた場合は、牽引性脱毛症の可能性があります。牽引性脱毛症の原因は、大きく分けて2つあります。

  • 頭皮に負担のかかる髪型を続けている
  • ストレスで髪を触る癖がある

牽引性脱毛症は、帽子を長時間かぶっている場合など、髪が引っ張られることが原因で引き起こされます。 髪の毛を引っ張ることや刺激を与えることは、頭皮にとって大きな負担になります。時には、髪型を変える・意識して髪をいじらないようにする、といった対策が必要ですよ。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は、頭皮全体がギトギトと脂っぽくなり、湿ったフケやカサブタが発生するのが特徴です。頭皮が脂っぽくベタベタする、湿ったフケが出る、頭皮がかゆい、におうなどの症状がある場合、脂漏性脱毛症の可能性があります。
脂漏性脱毛症の原因は、脂漏性皮膚炎と言われています。
脂漏性皮膚炎は、過剰に分泌された皮脂(頭皮を守るための脂)やフケに細菌が繁殖し、頭皮に刺激を与えることで引き起こされます。菌が炎症を起こしたり、フケが毛穴を塞いだりすることで薄毛につながるのですね。
この脂漏性皮膚炎の要因は大きく分けて2つ。

  • 生活習慣の乱れによる皮脂の増加
  • 洗髪が足りない

食の欧米化や、食生活の乱れによって皮脂の分泌が増加することが考えられます。また、洗髪時に皮脂をしっかり落とせていない、またはシャンプーのすすぎ残しなどの不適切な洗髪で、頭皮環境が悪化することも。ひこう性脱毛症は、上述の脂漏性脱毛症と同じく、頭皮環境の悪化が原因で起こる脱毛症です。脂漏性脱毛症は、頭皮が脂っぽくベタベタと湿ったフケが出るのに対して、ひこう性脱毛症は頭皮が乾燥し、フケが大量に出るのが特徴。

ひこう性脱毛症

ひこう性脱毛症の場合、頭皮が乾燥している、乾いたフケが大量にでる、頭皮がかゆい、赤みがあるなどの症状が見られます。
ひこう性脱毛症の原因は、以下のものが代表的。

  • 洗髪のしすぎによる皮脂の不足
  • ビタミン不足

洗浄力の強すぎるシャンプーを使っていたり、洗いすぎなどによって、頭皮にとって必要な皮脂まで洗い落としてしまうと、頭皮が乾燥し、ひこう性脱毛症の原因となります。
また、スタイリング剤のつけ過ぎや洗い残しも、頭皮環境の悪化の原因になります。
髪の毛は頭皮の血流から栄養を得ているため、頭皮環境が悪化すると、髪の栄養補給が妨げられ、健康な髪の毛が育ちにくくなります。
さらに、かさぶた状のフケが毛穴をふさぎ、薄毛の原因になることも。
また、ビタミンA、B1、B2といったビタミン不足も頭皮環境を悪化させ、ひこう性脱毛症を引き起こすと考えられています。

  • 食生活が偏りがち
  • 過度なダイエットをしている
  • 睡眠時間が短い
  • ストレスをためやすい
  • 運動の習慣がない
  • 整髪料が頭皮につくスタイリングをしている
  • タバコやお酒が好き
  • 出かける直前にシャンプーをすることが多い
  • シャンプーを1日2回以上行う
  • 帽子をかぶる時間が長い
  • キツく髪を結んでいる時間が長い

これらのチェック項目で当てはまるものがある方は、それが頭皮の血行不良や頭皮環境の悪化、ホルモンバランスの乱れなどを引き起こし、薄毛になっている可能性があります。
思い当たる習慣を解消することから、まずは薄毛対策を初めてみてください!

薄毛治療(発毛・植毛)を行うべきか育毛対策を行うべきか、薄毛進行度と対策の目的という2つの軸で選択することがおすすめです。

薄毛・育毛治療のご紹介

薄毛進行度の代表的な分類方法「ハミルトン・ノーウッド分類」レベル1~レベル7に分類されます。

  • 1「発毛促進剤」外用による発毛治療
  • 2「ロゲイン・フィナステリド」内服による発毛治療

    ミノキシジルには血管を拡張して血行促進する効果を、フィナステリドには男性のAGAという脱毛症を抑制する効果を期待することができます。
    ただし、医薬品ということもあり副作用のリスクに注意。ミノキシジルには多毛や血圧低下、フィナステリドには勃起不全や性欲減退などの恐れがあるので、リニックの先生に相談してから使用を決めましょう。※フィナステリドは女性の使用を禁止されています。

  • 3「幹細胞再生治療:HARG治療・C’rum stem cell HL・ヘアフィラー」などの薬剤注入による発毛治療

    クリニックで行うAGA治療としての幹細胞を用いた再生治療は、独自に調合した幹細胞成長因子を散布することで、体の中にある幹細胞を成長させて発毛を期待する治療法。
    従来のHARG療法に加えて、今泉スキンクリニックでは薄毛の状態と頭皮の状態に合わせて注入剤をカスタマイズしていきます。
    だらだらと治療するのではなく、時間と効果を第一に考えてライフスタイルに合わせて治療をご提案していきます。また、治療前後でご納得頂けるよう増毛の状態を測定・専門のラボで解析していくシステムもご用意しております(別途料金)。

pagetop