あざ│今泉スキンクリニック 六本木 東京

診療時間 10:00〜19:00 / 休診日 日曜・水曜
0120-006-762
あざ

先天的なもの、後天的に浮き出てきたものなど、あざの種類もさまざまです。皮膚科専門医による的確な診断により、治療を行っていきます。大きさや種類によっても、かかる料金は変わってきます。安心して治療を受けていただけるよう、事前に料金をご案内します。一部保険適応あり。

あざの種類

青あざ(太田母斑)

皮膚の深い部分で起きている色素異常によるもので、先天的にあらわれる青いあざです。顔や眼球に片側に現れることが特徴です。一方で、後天的に目の周りやこめかみなどに左右対称性に灰白色〜褐色を呈する斑が発生する場合もあります(遅発性両側性太田母斑)。

青あざ(蒙古斑)

幼児の臀部などに見られることが多いですが、時に異所性に腕・あしなどに成長しても残ってしまうものもあります。お子様の場合は、お早めにご相談ください。

茶あざ(扁平母斑)

皮膚の浅い層での色素異常です。先天性のものと、思春期以降に出てくる後天的なもの、両方があります。シミと間違えやすい見た目ですが、対処法も異なりますので、適切な診断と治療が必要となります。完治は難しいですが、外用薬やレーザー治療を組み合わせることによりかなり目立たなくすることは可能です。

茶褐色〜黒あざ(色素細胞母斑)

ほくろもこの種類に入ります。皮膚の色素異常により、大量のメラニンが密集。それにより黒色に見えている状態です。有毛生や巨大化していくものもありますので早めに診断を受けていただくことをお勧めいたします。

赤あざ(単純性血管腫)

原因は血管の異常増生と拡張。境目のはっきりした、平らな赤あざが出現します。先天性のものはイチゴ状血管腫といい、体のあらゆる部位に大小を問わず発生。

あざの治療方法の紹介

Fotona QX(QスイッチYAGレーザー)

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)や太田母斑、蒙古斑などのあざに。複数回の照射で薄く目立たなくしていきます。

トレチノイン&ハイドロキノン外用治療

ビタミンA(トレチノイン®)の外用により皮膚の新陳代謝が高まり、深層にあるメラニンが表層から排泄されていきます。また、ハイドロキノン外用により新しくメラニンを合成することを抑えるため扁平母斑には効果があるとされています。単独外用で完治するわけではないためレーザー治療との併用も大切です。

※再診料¥1,080が掛かります。

CO2レーザー/ Acu Pulse ®

炭酸ガスレーザーの皮膚を蒸散しながら母斑を治療できることにより出血や感染などリスクを最低限に抑え、ダウンタイムの少ない治療です。

pagetop